エヌゲ道 since 2015 ~Nゲージ鉄道模型とフィギュアとか何たら~

約30年ぶりに再開したNゲージ鉄道模型と聖闘士聖衣神話などを紹介するブログ

2022/09

 今回の新規入線車両は、グリーンマックスの「保線区車両(品番 2529)」です。 ・・・車両ではありますが、自走できないディスプレイモデルですので、分類はストラクチャーになるでしょうね。 パッケージの写真には「保線区車両」が2セットと詰所が写っていますが、これは ...

 今回ご紹介するのは、ジオコレの「建物コレクションシリーズ」から「駅C1」です。 ジオコレの「駅」は多数発売されていますが、この「Cタイプ」の駅は貨物ホームを模しており、他の駅よりもホームの高さが低いのが特徴です。 「駅C1」は 2008(平成20)年に発売され ...

 レイアウト用品を探して中古ショップを訪ねたところ、こんなアイテムを見つけました。 鉄コレの「岳南電車 ED40形(ED402)」です。 以前の私なら、私鉄の小型電機には、あまり興味を持たなかったと思うのですが・・・。 少し嗜好が変わってきたかな? このモデル、2015( ...

 レイアウトの製作にあたって、私は30型のアングルで土台を組んでいます。 で、椅子に座って列車の走行を眺めた際に視点が近づくように、高さ方向には 90cmのアングルを採用したわけですが、そうなると当然レイアウト下の空間が余ります。 ですので、土台部分に板を乗せて ...

 レイアウトプランに使用予定の「Y字ポイント」を入手しました。 プラン中の赤い丸部分に使用します。 ここは、「ローカル駅(緑色の楕円の部分)」と「貨物駅(ピンク色の楕円の部分)」に分岐する地点。 左右対称になる線形が、面白いなと思いました。 写真上側が、 ...

 以前、色々と駅舎を探していた際に、目についたので購入しておいたのがこちらです。 ジオコレの「駅前セット4」。 ローカルな雰囲気を持つこの駅舎は、再販の都度カラーリングが変更されており、現在は「4」なのです。 ・・・お値段も少しずつ上昇しているようですが・・・ ...

 「固定式レイアウトを作ろう!」と考えた際、レイアウト内に配置する建物はどうするのか?という楽しくも悩ましい問題が発生します。 昭和の時代は、建物の完成品といえばトミックスとKATO、キットといえばグリーンマックス!と相場は決まっていたのですが、現在は様々な ...

 レイアウトのプランが決まると、メインの駅をどうするか?といったことを考えますよね。 現在は完成品からペーパーキットまで、実に様々な駅舎が発売されており、「いったいどれにしたら・・・。」と大いに悩みました。 で、悩みに悩んだ結果、選んだのは・・・。 これ! KAT ...

 さてさて、トミックスの「クモヤ193系」のプチ・デティールアップを図りましょうか。 このモデル(品番 92010)、2両とも 80年代の重量級M車のようなもので、走りの質感が最近のモデルと全然違います。 まずは、連結間隔の短縮です。 このモデルではアーノルトカプラ ...

 レイアウト関連の記事が続いておりましたので、たまには車両の記事も。 トミックスの「国鉄電気計測車 クモヤ193系」です。 トミックスの「クモヤ193系」といえば、専用台車を装備した「クリーニングカー(品番 92007)」が大変有名ですが、このモデルはクリーニング機 ...

このページのトップヘ