私は自宅に固定式レイアウトを所有していないので、模型を思う存分に走らせたいと思ったら、レンタルレイアウトに出かけていきます。 

 レンタルレイアウトの楽しみのひとつは、他のお客さんが走らせる列車を眺められるところですね。

 ただ、トラブルになるといけませんので、他のお客さんの車両は写真に写らないように気を遣います。
 なので、記事の趣旨には反して、この項の写真は全て自前です。
 (^_^;ゞ



06
 市販品に手を入れたり、自作されたりしている方の車両は、とても見応えがあります。



15
 また、そういった方々は、走らせる際もスケールスピードを守る方が多く、「世界」を大切にされているのが伝わってきます。



18
 関東や関西の私鉄にこだわる方もいます。
 私は福岡在住なので、とても新鮮に見えます。



16
 自分で所有している車両でも、他の方の編成が参考になったりもします。
 


26
 休日のレンタルレイアウトはお客さんも多いので、新幹線から蒸気機関車まで様々な列車が一斉に走る光景は圧巻です。
 (^_^)



IMG_2076
 写真のレンタルレイアウトは、北九州市の「STAGE.1」と「ポポンデッタイオンモール福岡」です。

 うーん、レンタルレイアウトに出かけたくなりました。
 (^_^;ゞ