エヌゲ道 since 2015 ~Nゲージ鉄道模型とフィギュアとか何たら~

    約30年ぶりに再開したNゲージ鉄道模型と聖闘士聖衣神話などを紹介するブログ

カテゴリ:Nゲージ > 蒸気機関車

 国産蒸気機関車で最多両数を誇る「D51形」と、その拡大発展型であり最強の貨物機「D52形」。 KATOとマイクロエースの両モデルを並べてみました。 正面から。 写真左がマイクロエースの「D52形(品番 A6406・山陽本線)」、写真右が KATOの「D51形(品番 2016-6・長野式 ...

 「C54形」は、1931(昭和6)年に製造された亜幹線向けの旅客用蒸気機関車です。 それまでの旅客用蒸気機関車であった「C51形」「C53形」が重量の関係で亜幹線に投入できなかったため、「C51形」をベースに軽量な新型機関車を設計することとなり、誕生したのがこの「C54形 ...

 昭和の時代、国鉄の客車寝台特急は、そのボディカラーから「ブルートレイン」と呼ばれ、非常に人気が高い列車でした。 その嚆矢と言えるのは「20系 特急形寝台客車」でしょう。 それまでの旧型客車とは一線を画すモダンなスタイルと豪華な車内設備は、高度成長時代を迎 ...

 KATOの「C59 戦後形・呉線(品番 2026-1)」と「C62-3 北海道形(品番 2017-3)を並べてみました。 どちらも迫力の大型C級機です。 斜め上から。 模型ではよく眺めるアングルです。 「C59形」の方が、ボイラーが細身でスマートです。 「C62形」は「D52形」譲りの力 ...

 「E10形」は、1948(昭和23)年に登場した大型のタンク式蒸気機関車です。 奥羽本線の急勾配区間である板谷峠では、勾配用機関車である「4110形」が大正時代から運用されてきましたが、同機関車が老朽化してきたことから代替機として製造されたのが、この「E10形」です。 ...

 入線したばかりのマイクロエースの「D52形129号機」ですが、少し手を加えることにしました。 まず、テンダーのアーノルトカプラーを交換します。 トミックスの「ツム1000形」と、アーノルトカプラーどうしで連結してみたところ。 車間はこんな感じです。 カプラーを、K ...

 戦時中、拡大する鉄道貨物輸送需要に対応できる強力な機関車が必要となり、「デゴイチ」の愛称で有名な「D51形蒸気機関車」を拡大改良する形で開発されたのがこの「D52形」で、1943(昭和18)年に製造が開始されました。 「D52形」のNゲージ鉄道模型は、積水金属時代から ...

 マイクロエースの流線型蒸気機関車が2機になったので、並べてみました。 どちらも独特のスタイルがお気に入りです。 (^_^) 写真左が2008(平成20)年に発売された「C53形43号機・改良品(品番 A7007)」、右が2010(平成22)年に発売された「C55形20号機・改良品(品番 ...

 「C55形」は、亜幹線の旅客輸送力強化を目的として1935(昭和10)年に登場した蒸気機関車で、62両が製造されました。 そのうち1936(昭和11)年から製造された2次形は、世界的な流線型ブームの流れに乗り、先行した「C53形43号機」に続いて流線型仕様として登場しました ...

 「C53形」は、1928(昭和3)年に登場した蒸気機関車で、日本初の、そして唯一の3シリンダー式機関車として知られています。 しかし、高性能ながらも非常に高度な設計・維持管理が必要だった3シリンダー式蒸気機関車は、当時の技術では持て余したようで、その後国内で設 ...

このページのトップヘ