エヌゲ道 since 2015 ~Nゲージ鉄道模型とフィギュアとか何たら~

    約30年ぶりに再開したNゲージ鉄道模型と聖闘士聖衣神話などを紹介するブログ

カテゴリ:Nゲージ > 蒸気機関車

 「C63形」は、国鉄が計画し、設計図までは完成しながら、実機は遂に製作されなかったという蒸気機関車。 「幻の蒸気機関車」として有名です。 実機が存在しないにも関わらず模型化してしまうというメーカーといえば、やはりマイクロエースですね。 マイクロエースは、 ...

 「8620形」と「9600形」は、共に大正時代に生まれ、戦後も長らく活躍した蒸気機関車です。 当鉄道では、「8620形」はKATO、「9600形」はマイクロエースのモデルが稼働中ですが、2両揃いましたので並べてみました。  写真左側がマイクロエースの「9600形・北海道重装備 ...

 「8620形」は、1914(大正3)年に登場した蒸気機関車です。 その形式名から「ハチロク」の愛称で呼ばれ、「鉄路あるところ、ハチロクの機影見ざるはなし」と評されるほどの活躍を見せました。 基本的には旅客列車用として設計されましたが、運用上は貨物列車を牽引する ...

 「キューロク」などいった愛称で呼ばれる「9600形」は、国産初の本格的な貨物用蒸気機関車として、1913(大正2)年に登場しました。 大正生まれでありながら、汎用性が高く、使い勝手がよい機関車だったようで、1976(昭和51)年に現役を引退するまで、国鉄の実用蒸気機 ...

 国産蒸気機関車で最多両数を誇る「D51形」と、その拡大発展型であり最強の貨物機「D52形」。 KATOとマイクロエースの両モデルを並べてみました。 正面から。 写真左がマイクロエースの「D52形(品番 A6406・山陽本線)」、写真右が KATOの「D51形(品番 2016-6・長野式 ...

 「C54形」は、1931(昭和6)年に製造された亜幹線向けの旅客用蒸気機関車です。 それまでの旅客用蒸気機関車であった「C51形」「C53形」が重量の関係で亜幹線に投入できなかったため、「C51形」をベースに軽量な新型機関車を設計することとなり、誕生したのがこの「C54形 ...

 昭和の時代、国鉄の客車寝台特急は、そのボディカラーから「ブルートレイン」と呼ばれ、非常に人気が高い列車でした。 その嚆矢と言えるのは「20系 特急形寝台客車」でしょう。 それまでの旧型客車とは一線を画すモダンなスタイルと豪華な車内設備は、高度成長時代を迎 ...

 KATOの「C59 戦後形・呉線(品番 2026-1)」と「C62-3 北海道形(品番 2017-3)を並べてみました。 どちらも迫力の大型C級機です。 斜め上から。 模型ではよく眺めるアングルです。 「C59形」の方が、ボイラーが細身でスマートです。 「C62形」は「D52形」譲りの力 ...

 「E10形」は、1948(昭和23)年に登場した大型のタンク式蒸気機関車です。 奥羽本線の急勾配区間である板谷峠では、勾配用機関車である「4110形」が大正時代から運用されてきましたが、同機関車が老朽化してきたことから代替機として製造されたのが、この「E10形」です。 ...

 入線したばかりのマイクロエースの「D52形129号機」ですが、少し手を加えることにしました。 まず、テンダーのアーノルトカプラーを交換します。 トミックスの「ツム1000形」と、アーノルトカプラーどうしで連結してみたところ。 車間はこんな感じです。 カプラーを、K ...

このページのトップヘ