エヌゲ道 since 2015 ~Nゲージ鉄道模型とフィギュアとか何たら~

    約30年ぶりに再開したNゲージ鉄道模型と聖闘士聖衣神話などを紹介するブログ

カテゴリ:Nゲージ > パーツ・機器等

 その昔・・・といっても昭和40年代ですが(笑)、国産のNゲージ用レールは、固定式レイアウトに使用することが前提だったKATOの「組み線路」が一般的でした。 「お座敷(フロア)レイアウト」に気兼ねなく使用できる「道床付きレール」は、1976(昭和51)年にトミックス ...

 ウチの機関車のカプラーは、あまり深く考えずに標準装備の「アーノルトカプラー」から「ナハフ11形かもめナックル」か「EF66前期形ナックル」に交換していたのですが、「EF66前期形ナックル」に換装したKATOの「EF81形(品番 3021-1)」と「DD51形(品番 7008-3)」は、他 ...

 昭和50年代末、トミックスは主力の「ニューパワーユニット(品番 5001)」に加え、新型のパワーユニットを市場に投入してきました。 それがこの「DXパワーユニット(品番 5011)」です。 その名のとおり「ニューパワーユニット」の上位機であり、D.C.出力が低い(0.3A) ...

 昭和50年代、Nゲージに道床付きレールを導入し、システム化したトミックスからは、パワーユニットも専用のものが発売されました。 それがこの「ニューパワーユニット(品番 5001)」です。 これは30年以上も前に購入したもの。 当時の定価は4,500円でした。 パッケー ...

 トミックスの道床付きレールシステムは、1976(昭和51)年に発売されました。 当時、国産のNゲージ用レールは、固定式レイアウトに使用することが前提だったKATOの「組み線路」があるだけで、「お座敷(フロア)レイアウト」に気兼ねなく使用できる道床付きレールの発売 ...

 最近のトミックス車輌に標準装備されている「TNカプラー」は、外見が非常にリアルな上に、連結間隔も短縮されてとても良いものなのですが、「KATOカプラー」と互換性が無く、連結ができません! そこで、「TNカプラー」と簡単に交換でき、「KATOカプラー」と互換性がある ...

 かつては、Nゲージ鉄道模型のカプラーといえば「アーノルトカプラー」が標準でした。 この「アーノルトカプラー」は、連結・解放が容易で、信頼性も高いのですが、サイズが大きく、見た目がトイ的という欠点がありました。 そこで、日本ではKATO、トミックス、マイクロ ...

このページのトップヘ