「お召列車」といえば、その先頭に菊花紋章と日章旗が装着されるイメージなのですが、「157系 お召電車」の場合、画像を検索しても、何故か菊花紋章や日章旗を装着した姿が見つかりません。

 実車では装着されていなかったのでしょうか?

 しかし、ヘッドマーク等がない「157系」電車のフェイスは、何となく寂しい気もします。

 そこで、パーツを流用して菊花紋章と日章旗を装着してみることにしました。

 


17

 「E655系 特別車両(品番 4935-1)」のASSYパーツ(品番 4935-1E6)を用いています。



16
 これはセットのままのフェイス。



15
 ASSYパーツを購入してきました。



14
 この中の、日章旗と菊花紋章のパーツを用います。

 ・・・手すり等は、いつか「E655系」を購入した時の予備パーツに・・・。
 (^_^;ゞ



13
 ノーマルのフェイス。



12
 位置を決めて、切り出した菊花紋章を接着します。



11
 前面が中央部から「く」の字に折れているので、真っすぐ取り付けるのは、意外と手間がかかります。

 線路と垂直になるように、菊花紋章の裏にごく小さなプラスチック片を噛ませています。



10
 日章旗のパーツ裏。

 

09
 フロントとの接着面が大きくなるように、ここにもスペーサーとしてプラスチック片を噛ませます。



08
 日章旗を接着してみたところ。



07
 横から見ると、日章旗の取り付け角度がよく分かります。

 「クモハ157形」は、ヘッドライトが大きいうえに出目気味なため、日章旗にある程度の角度を付けないと、たなびく旗の部分がヘッドライトと干渉してしまうのです。



06
 ヘッドライト点灯!

 この状況でテールライトを点灯することはなさそうです。



05
 未装備の「クモハ(右)」と。

 ・・・フェイスが締まった気がします。



03
 斜めから。
 何だか「ありそう」です(笑)。

 接着に用いているのはゴム系接着剤なので、元に戻すこともできます。



02
 ケースに収めるときは、日章旗が干渉して外れないように、詰め物をします。
 (^_^)



01
 実車の写真が見つからないのでオリジナルで製作してみましたが、菊花紋章と日章旗を装着した効果は絶大で、雰囲気が大きく変わります。

 全然別の列車のようになりました!