「固定式レイアウトを作ろう!」と考えた際、レイアウト内に配置する建物はどうするのか?という楽しくも悩ましい問題が発生します。

 昭和の時代は、建物の完成品といえばトミックスとKATO、キットといえばグリーンマックス!と相場は決まっていたのですが、現在は様々な選択肢が存在していますね。

 中でも、トミーテックの「ジオコレ」は塗装済みキットの体裁ですので、簡単な組み立てで建物を揃えることができます。
 私のような工作派ではないユーザーにとっては、簡単かつ便利です。



397dcd1a
 これは「BAR寿司店」というモデルで、ひとつの建物にBARと寿司店が入居しているというもの。

 トミーテックの「ジオコレ」は、ブラインドパッケージの時代から再販が繰り返されており、その都度仕様が変更されますので、このモデルがいつの物かまでは判明しません。

 ただ、凄まじいまでの「昭和感」に、惹かれるものがありました。



370820e9
 寿司店サイドから。
 看板は「綾部寿司」になっています。

 本来は付属パーツがあるようなのですが、これは中古で安く購入したものですので建物本体だけです。



4f9398a4
 BARサイドから。
 店名は「紅」ですね。

 寿司店の入口に水槽が設置してあるのが、とてもリアルです。



92fa658e
 建物の裏側。
 それぞれに入口があります。
 2階は住居なのでしょうね。



88f7ea05
 ジオコレの建物には内部が再現してある物もありますが、このモデルは空っぽです。



ee2507dc
 写真では拡大されていますが、実物は本当に小さいです。
 しかし、ウェザリングまで施されており、とても良く出来ています。

 この調子でジオコレの建物を揃えようかな・・・などと考えて、調べてみてビックリ!
 初期のジオコレは安値でしたが、現在発売中のモデルは結構な幅で価格が上昇しているんですね。

 しかし、ジオコレが放つ強烈な「昭和感」は捨て難い・・・。

 ・・・となると、オークションや中古ショップで気長に安いものを探して揃えていくしかありません。
 お小遣いにも限りがありますからね・・・。

 ペーパーストラクチャーも考えてみましたが、私の工作技術ではとても満足な仕上がりになりそうにありません。
 (^^;ゞ