さて、今年秋の入線ラッシュ(笑)のトリを飾るのは、マイクロエースの「C63-1・お召し指定機(品番 A0281)」です。

 「C63形蒸気機関車」は、設計図は完成したものの実車は製作されずに終わったという、国鉄最後の「幻の蒸気機関車」。

 以前から漠然と「入線させたいなぁ」という思いがありましたが、「幻」というくらいですから、何となく特別な機関車というイメージがありまして・・・。

 そこへ、マイクロエースのお召し指定機を破格で発見。
 「幻+お召し指定機」と、まさに特別にターボを掛けたようなモデルですから、飛びついてしまいました。



PA100002
 「C63形」をNゲージの量販品で発売するのですから、やはりマイクロエースは唯一無二のメーカーです。
 しかも「C63形でお召し指定機を作る」という発想が、何かもうモノ凄い!
 w(゚o゚)w

 このモデルが発売されたのは、2003(平成15)年。
 マイクロエースが蒸気機関車の新車ラッシュを続けていた頃ですから、勢いもあったのでしょうね。

 しかし、そのおかげで「特別感」がハンパないモデルとなっています。
 (^_^)



PA100009
 ツヤツヤの黒塗装に、細かな色差し。
 また、「標準型」には無い「手すり」が取り付けられています。



PA100023
 非公式側のキャブ付近。

 このモデル、発売当時は本体価格 9,800円でした。
 今作ると、倍近いお値段になりそうです。



PA100034
 これで、「お召客車 新1号編成」の機関車スペースが埋まりました。
 同じメーカーの製品ですので、ピッタリと収まっています。

 

 この秋は、非常に多くの車両を入線させましたが、安値で入手したものばかりです。
 オークションや通販サイトは、本当に便利ですね。

 とはいえ、さすがに予算も尽きましたので、今後は当ブログの本来の趣旨に沿って(笑)、それぞれの車両を見ていくことにします。
 (^_^;ゞ