先日入線したマイクロエースの「キハ183系1000番台」ですが、KATOのパーツを使ってプチ・ディティールアップを図ることにしました。



P9210036
 これはデフォルトの状態。

 連結器周りは、ホースがモールドされているものの、何となく寂しい感じがします。



PA030044
 使用するのは、KATOの「キハ58 胴受(品番 Z06-1439)」です。

 

PA030046
 取り付け方を試行錯誤するうちに、切り刻まれてこんな感じに。
 (^_^;ゞ



PA030041
 このモデルは、実車と同様に双頭連結器が装備されていますが、これを自連側に固定し、先ほど切り刻んだ胴受のホースパーツを接着しました。

 加工前(写真左側)と加工後の比較。



PA030042
 加工前(写真左側)と加工後を正面から。



PA030048
 実車とは少々異なるのですが、まぁ、加工の効果はあったのではないでしょうか。
 


PA030050
 同じく「シーボルト」も加工してみましたが、こちらはカラーリングの関係で余り目立ちませんね。 
 (^_^;ゞ