KATOの「8620形」…。

 入線記事をアップする機会がないまま、ずいぶん経過してしまいました。
 まだナンバー取り付けも、カプラー交換もしていません。

 機を失した感はアリアリなのですが、そのうちご紹介できればと思います。
 (^^;ゞ


 さて!
 今回の記事は、機芸出版社刊の「NゲージBOOK No.1」です。



IMG_1647
 機芸出版社といえば、「鉄道模型趣味(TMS)」の発行元であり、この本はその別冊となります。

 昭和56(1981)年6月20日発行ですから…。

 え?
 なんと39年前の本ですか!?

 別冊として出すくらいですから、この本からは、当時の熱い空気が…Nゲージの将来、可能性を感じさせる熱気が、ヒシヒシと伝わってきます。

 最近はこういった古い本も入手し易くなりまして、便利な世の中になりました。
 (^_^)



IMG_1648
 この本が発行されたころは、Nゲージで模型化されていなかった車両もまだまだ多かったですね。
 市販の機関車の側板を張り替えて、別形式の機関車を仕立てるエッチングパーツ等が売られていたのもこの頃でした。

 そんな時代だったからでしょう、市販モデルを改造して別形式を作り出すという作例がとても多く紹介されています。

 上の記事は、KATOの「EF70形」の中間台車を作り変えて「ED76形」にしてしまおうというもの。
 何とも大胆な発想です。



IMG_1650
 その「改造ED76形」を側面から見たところ。
 中間台車がすごいことになっていますが、アイデアにビックリですね。
 また、「20系客車」の電源車にパンタグラフを取り付ける改造も行われています。



IMG_1649
 「クハ165形」は、「クハ153形」の正面に塗装を加えたもの。
 「ED62形」は、実物同様「ED61形」に中間台車を増設したもの。
 これ、香港製の初代製品ですよ。

 で、「キハ65形」は…なんと「12系客車」から改造されたものです。
 


IMG_1651
 「ED73形」は、学研の「DD54タイプ」をベースに作り出されています。
 なるほどねぇ…確かに「ハト胸」という共通点はありますが。

 作例のモデルたちは、現在なら素晴らしい出来栄えの完成品が発売されていますが、当時は斬新なアイデアで形にしていったのですね。

 また、当時はメーカーの分売パーツも今ほど潤沢ではなかったので、何れのモデルもプラ板とパテ盛り、社外品のパーツで仕上げられています。
 感心することしきりです。

 きっと、当時は羨望を集めたモデルになったに違いありません。



IMG_1652
 これは、「一筆で塗り分けが可能な塗料が登場」というジョーク記事。

 こういったお遊びも楽しいです。

 

IMG_1653
 もちろん、レイアウトやストラクチャーの製作記事も載っており、Nゲージについての一通りの内容は網羅されています。

 この「アイデア記事」などは、現在でも通用する内容ですね。



IMG_1654
 ラストを飾るのは、これまた増刊号である「プレイモデル No.6」の広告。

 帽子の縁を走る列車とは…。
 実にシュールですが、これが当時はナウかった(笑)のでしょうね。


 私は、この頃の本を読むのが大好きなのです。

 テクニックや精密度合いでは、現在の模型誌の記事に敵うべくもないところはあるのですが…。
 当時の熱量といいますか…現在では失われた「おおらかな楽しさ」を感じるんですよねぇ…。