「ドレッドノート級」に続いて、「宇宙戦艦ヤマト 2202」からメカコレ版「アンドロメダ」です。

 基本的なデザインはオリジナルの「さらば宇宙戦艦ヤマト」版を踏襲していますが、「2202」版のアンドロメダは、様々な部分で「今風」にアレンジされていました。



P3220010
 これも墨入れして素組みしたもの。
 本来クリーム色の部分は、ガンダムマーカーのホワイト、波動砲口は赤で色を差しました。



P3220012
 サイドビュー。
 小ぶりだった「ドレッドノート級」と違って、堂々たる体躯です。



P3220014
 俯瞰したところ。

 サイドビューと合わせてみると、1番主砲塔から前の部分が長いのがよく分かります。



P3220015
 斜め後方から。
 艦尾のノズルを塗装すると、見栄えが良くなりそうです。



P3220016
 艦橋付近のディティール。



P3220017
 アンドロメダといえば、このパース画。

 「超合金魂」版アンドロメダでは、波動砲口を大きくして迫力を出すというアレンジが施されていましたが、「2202」版アンドロメダでは波動砲口は小ぶりになっており、小顔なイメージ。

 ただ、艦首に至るボディラインがクルマのボンネットのようになだらかなカーブを描くラインで表現されており、パース画のイメージに近く見えるように工夫されています。



P3220019
 「ドレッドノート級」と並べてみました。



P3220020
 大きさがかなり異なるのが分かります。


P3220022
 横から。
 「2202」では、アンドロメダの全長は 444m、ドレッドノート級の全長は 250mに設定されていますので、概ねこれくらいのスケール感になると思われます。



P3220023
 全長はかなり異なる2隻ですが、1番主砲塔から3番主砲塔までの長さは、ほぼ同じでした。
 バイタルパートは共通なのかもしれません。

 アンドロメダはドレッドノート級の発展型だけあって、艦体を構成する要素はそっくりです。



P3220025
 「2199」版ヤマトを加えて。



P3220026
 3隻並ぶと壮観です。



P3220028
 「2202」の劇中では高い機動性を発揮するシーンもありましたが・・・。
 戦艦なのですから、重量感がある動きを中心に見せてほしかったですね。

 高機動の目まぐるしい戦闘は、艦載機に任せておけばいいのに、と思って見ておりました。



P3220030
 今風にリメイクされたデザインは、同様にリメイクされたガンプラを彷彿とさせます。



P3220032
 正面。
 第1話冒頭の登場シーンともども、なんか悪役っぽいです。



P3220034
 ドレッドノート級とは大きさが全然違いますね。



P3220035
 アンドロメダは、ヤマトシリーズの地球防衛軍艦艇の中では最もカッコよく、人気がある艦だと思います。
 私の世代あたりだと「特別なフネ」ですね(笑)。

 ですので、「2202」劇中での扱いには「?」と思う部分も多いです。
 確かに、あっさりと沈んでしまう「さらば~」よりも「2202」の方が見せ場は多かったのですが、何か違う気がするんですよね。

 「アンドロメダブラック」が集団で突撃するシーンなんかは、「これをアンドロメダでやる必要があるのか」と心の底から疑問に思い、ゲンナリしました(笑)。

 空母型を含めると名前がある同型艦がほかに4隻も登場したのに、ほとんど意味なしというのもね。

 まぁ、作品のことをいくら言っても仕方ないのですが(笑)。

 このメカコレ版アンドロメダは、お手軽価格なうえに、組み立ても簡単。
 そのうえ期待を裏切らないカッコよさです。

 皆さまもデスクの片隅で進宙させてはいかがでしょうか。
 (^^)/