KATOの「C59 戦後形・呉線(品番 2026-1)」と「C62-3 北海道形(品番 2017-3)を並べてみました。
 どちらも迫力の大型C級機です。



013
 斜め上から。
 模型ではよく眺めるアングルです。

 「C59形」の方が、ボイラーが細身でスマートです。
 「C62形」は「D52形」譲りの力強いシルエットですね。



014
 正面から。
 
 お顔は全然印象が違いますね。
 「C62形」は、太いボイラーとスノープロウが力強さを感じさせます。



011
 「C62形(写真上側)」と「C59形」。
 横から眺めると、スタイルの違いが際だちます。

 別々に見ると似ているような気がしていた両機ですが、並べてみると全然違いました。
 (^_^;ゞ



012
 どちらも大変精密なうえ、走りもスムーズで、素晴らしい出来の製品です。

 買ってきてレールに載せるだけで、こんなに精密な蒸気機関車の模型が、当たり前のように走り出す。
 お値段を考えてみたら、凄いことだと思います。
 


IMG_0611
 おまけ:
 手前は「サロンエクスプレス東京」を牽く KATOの「C57 1次形(品番 2024)」。
 奥の「C59形」と比べると、さらにスマートです。

 なるほど、「貴婦人」と呼ばれたのも分かる気がしますね。
 (^_^)