「ED61形」は、1958(昭和33)年に登場した直流式電気機関車で、18両が製造され、主に中央本線で貨物列車を牽引して活躍しました。

 Nゲージでは、1977(昭和52)年にトミックスが模型化していましたが、同じトミックスの初期製品である「ED70形」に比べると、早々にカタログから消えてしまいました。

 トミックスの「ED61形」は、1997(平成9)年に完全にリニューアルされて「品番 2136」の2代目となりましたが、その後2011(平成23)年に再度リニューアルされ、現行モデルは「品番 9114」となっています。

 私が購入したのは、2代目のモデルです。
 


18
 購入時の状態。

 中古品でしたが、ナンバー等は未使用で、新品同様でした。
 カプラーは標準装備のアーノルトタイプ。



17
 サイドビュー。
 「青いD級機」というのが、何ともいえないレアな感じ。



16-2
 カプラーをKATOの「かもめナックル」に交換しました。



16-1
 同じトミックスの「ED75形(品番 9135)」を交流のD級機代表として連結してみました。

 実車では「ED61形」「ED75形」ともに、全長は同じ14.3mですが、「ED61形」の方がボディの上下方向が小さいため、スリムに見えます。 



14
 「かもめナックル」どうしの連結。
 スカートの形状が大きく異なっています。



16
 斜め上から。

 屋根上は直流機と交流機で大きな違いがある部分です。



15-1
 模型でも実車同様に、大きさはほぼ同じです。



15
 フロントビュー。
 ヘッドライトが点灯。
 ナンバーは2号機にしました。



13
 KATOの「DF50形用カプラー解放てこ」を取り付けてみました。



12
 運転席は、遮光のためか再現されていません。



11
 ボディいっぱいにダイカストが詰まっています。

 スプリングウォーム駆動モデルなのでフライホイールは非搭載ですが、走りはなかなかスムーズです。



10
 屋根上の表現。



09
 同じ直流機であるKATOの「EF64形1000番台(左)」と。

 実車の登場時期に22年の差があるためでしょう、「EF64形1000番台」の方が近代的な印象です。



08
 「EF64形」の登場で、パワーに劣る「ED61形」は余剰となってしまい、飯田線に転出していくのですが・・・。

 軸重軽減のためボディ中央に1軸を追加する改造が施された結果、「ED61形」は18両すべてが「ED62形」に形式変更されてしまいました。



07
 トミックスの「EF30形」と。

 「EF30形」は登場が1961(昭和36)年であり、1958(昭和33)年登場の「ED61形」と近いためか、デザインがよく似ています。



06
 何ともレトロな雰囲気の2両。



05
 KATOの「ワム80000形」を牽引。



04
 「ワム80000形」は、KATOの「車間短縮ナックルカプラー」に交換しています。
 車間はこんな感じ。



03
 今度は、KATOの「スハ43形」を牽引。



02
 「スハ43形」は、「KATOカプラーN JP」に交換しています。
 車間はこんな感じです。



01-2
 レンタルレイアウト「STAG1.1」にて、小編成の貨物列車を牽引する「ED61形」。
 なかなか似合っています。



01
 リニューアルの際にトミックスは相当力を入れたようで、香港製だった初代モデルと比較すると、大変な進歩が見られるモデルです。

 実車はすべて「ED62形」に改造されたために、「ED61形」は形式消滅してしまいましたが、ウチでは貨物の牽引機としてこれからも活躍してもらいます。
 (^_^)