エヌゲ道 since 2015 ~Nゲージ鉄道模型とフィギュアとか何たら~

    約30年ぶりに再開したNゲージ鉄道模型と聖闘士聖衣神話などを紹介するブログ

       少年の頃に憧れだったNゲージ鉄道模型。

       大人になり、少ーしだけ余裕ができたときに、趣味として甦ってきました。

       ですから、私が集める物は、主に少年だった当時に憧れだったもの。

       工作や塗装の技術はないので、小さな加工以外は、基本的には製品のまま。

       予算もないので、主に中古を探して、安く集めています。

       ・・・実車にこだわりだすと果てしないので(笑)、模型と割り切って、楽しんでいます。
       
       
       ☆ 当ブログは、リンクフリーです。(^_^)/
       ☆ 写真はクリックすると拡大しますが、無断利用はご遠慮ください。m(_ _)m

       大変ご無沙汰しております。 公私ともに大変忙しく、ブログの更新もままなりませんでした。 コロナ禍に伴う緊急事態宣言が発出されていた関係で、レンタルレイアウトを訪ねることもできず・・・。 なかなかにストレスが溜まる毎日でしたが、探していた車両を入手することが ...

       早いもので、正月も三が日を過ぎてしまいました。 世間は相変わらずコロナ、コロナで、なかなか終息は見えませんが、今年も自分なりのペースでやっていきたいと思います。 今年の入線目標ですが(笑)、とりあえず、KATOの「813系」は、増結編成を予約しています。 あと ...

       コロナ禍で幕を開け、コロナ禍で終わろうとしている令和2年。 正直なところ、社会的にはあまり良い話題に恵まれなかった1年だったと思います。 個人的には、仕事が大変忙しく、思ったように予定が組めないというストレスがあった年でした。 そんな中でも、Nゲージ鉄 ...

       しばらくぶりの更新ネタは、鉄道模型ではありません(笑)。 先日、ひょんなことから「デスクトップアーミー」なるアイテムに触れる機会がありまして・・・。 私もひとつ購入してみた次第です。 (^^;ゞ 「デスクトップアーミー」は、メガハウスから発売されているフィギュ ...

       気が付けば、もう12月。 そして、前回の更新から1ヵ月も経過しているではありませんか! いやー、ほんと忙しかったんですよ。 仕事とか、仕事とか、あと仕事とか・・・。 そんな更新が滞っている当ブログでも、それなりに訪れてくださる方がいらっしゃるので、感謝に堪え ...

       当鉄道のスペシャル機関車として入線したマイクロエースの「C63形 お召し指定機」ですが、気になる点もありましたので、少し手を加えることにしました。 まずは、この「C63形」に限らずマイクロエース製蒸機で私が気になるところ・・・カプラー下の処理です。 デフォルトで ...

       「C63形」は、国鉄が計画し、設計図までは完成しながら、実機は遂に製作されなかったという蒸気機関車。 「幻の蒸気機関車」として有名です。 実機が存在しないにも関わらず模型化してしまうというメーカーといえば、やはりマイクロエースですね。 マイクロエースは、 ...

       先日訪ねた、山口市阿知須の「sMALL ☆ wORLD(スモールワールド)」のレイアウトですが、非常に凝ったシーナリーと走らせ易さが両立している、素晴らしいものです。 また、レイアウトの細部も少しずつ変化しています。 今回は、2020年10月の「sMALL ☆ wORLD」をご紹介 ...

       平日の休みを利用して、山口市阿知須の「sMALL ☆ wORLD」を訪ねました。 前回の訪問が、2019年の7月ですから・・・。 えー!? 1年3ヶ月ぶりですか・・・。 (^_^;ゞ 「サンパークあじす」に到着! 逸る気持ちを抑えながら2階へ。 おおっ! 一部が以前と変更されてい ...

       「8620形」と「9600形」は、共に大正時代に生まれ、戦後も長らく活躍した蒸気機関車です。 当鉄道では、「8620形」はKATO、「9600形」はマイクロエースのモデルが稼働中ですが、2両揃いましたので並べてみました。  写真左側がマイクロエースの「9600形・北海道重装備 ...

       前回、マイクロエースの「EF55形」の先輪問題をいろいろと考えてみましたが、私が出した結論は、「走行中はダミー先輪を取り外してしまえばいいんじゃない?」という安直なものでした。 で、その後も考え続けて、思いついたんですよね。 「見せたくないなら、スノープロ ...

       当鉄道に所属している車両セットは、実はマイクロエース製が最も多かったりします。 KATOではないことに、我ながら驚きなのですが・・・。 そのマイクロエースの車両セットには小袋が付属しておりまして、謎のパーツが入っているのがずっと気になっていました。 これは「お ...

       当鉄道の主力パワーパックであるトミックスの「N-1001-CL」ですが、購入から5年が経過し、前進・後退を切り替える「ディレクションスイッチ」の動きが怪しくなってきました。 スイッチの手応えがヘタッてきたうえ、定位置に動かしても車両が反応しなくなってきたのです。 ...

       「オユ14形」は、「オユ11形」の後継車として 1972(昭和47)年に登場した郵便車で、9両が製造されました。 車体そのものは「オユ11形」とほぼ同じですが、台車の変更によって最高速度 110km/h 運転に対応した近代的な郵便車です。 「オユ14形 郵便車」のNゲージ完成 ...

       「EF58形」は、1952(昭和27)年に登場した直流式電気機関車です。 登場時は「ぶどう色2号」と呼ばれる「茶色」に塗装されていましたが、東海道本線の全線電化に先立って、1954(昭和29)年から、4両にカラフルな試験塗装が施されました。 「31号機」は青の車体にオレ ...

       愛車「日産・ノート e-POWER」を点検に出したので、代車としてダイハツの「タントカスタム」を借りています。 軽自動車は特に数多くのグレードが設定されますが、「タント」も同様ですね。 様々な特徴から、代車として借りているのは「タントカスタム RS SAⅡ」のよ ...

       「8620形」は、1914(大正3)年に登場した蒸気機関車です。 その形式名から「ハチロク」の愛称で呼ばれ、「鉄路あるところ、ハチロクの機影見ざるはなし」と評されるほどの活躍を見せました。 基本的には旅客列車用として設計されましたが、運用上は貨物列車を牽引する ...

       仕事の帰りに、鳥栖市にある鉄道喫茶「門トス」のレンタルレイアウトを訪ねました。 最近入線した車両の試運転です。 勾配を登る「155系 ひので号(マイクロエース)」。 店主さんが「このレイアウトを155系が走るのは初めて」と仰っていました。 連結器周りを加工し ...

       さて、今年秋の入線ラッシュ(笑)のトリを飾るのは、マイクロエースの「C63-1・お召し指定機(品番 A0281)」です。 「C63形蒸気機関車」は、設計図は完成したものの実車は製作されずに終わったという、国鉄最後の「幻の蒸気機関車」。 以前から漠然と「入線させたいな ...

       今回の入線は、マイクロエースの「お召客車 新1号編成・5両セット(品番 A4710)」です。 お召客車の「新1号編成」とは、1960(昭和35)年に製造された「1号御料車」を組み込んだ固定の5両編成を言い、「ため色」と呼ばれる赤みが強い茶色で仕上げられています。  ...

      このページのトップヘ